MENU

ハーブガーデンとBOTANISTボタニカルスカルプシャンプーを比較してみました

ハーブガーデン,シャンプー,口コミ

 

最近流行のボタニカルシャンプーは植物由来で髪にも優しく抜け毛・薄毛が気になる女性にも人気のシャンプーです。

 

その中でも私が使っているハーブガーデンシャンプーとドラッグストアでも気軽に購入出来るBOTANIST(ボタニスト)ボタニカルスカルプシャンプー徹底比較してみました!

【比較】ハーブガーデンとBOTANISTボタニカルスカルプシャンプーどっちがいい?

ハーブガーデン,シャンプー,口コミ

 

ハーブガーデンシャンプーとBOTANIST(ボタニスト)ボタニカルスカルプシャンプーを比較してみました。

  ハーブガーデン ボタニスト
価格 4,000円 3,024円
容量 300ml 490ml
香り 天然アロマエキス アプリコット・ジャスミンの

ダブルフレグランス

特徴 天然由来成分100% 成分90%が天然由来

 

ハーブガーデンシャンプーの大きな特徴は成分が天然由来成分100%のオーガニックシャンプー(ボタニカルシャンプー)ということです。

 

ボタニストは90%が天然由来ですがハーブガーデンシャンプーの場合、使用している水の部分すら南阿蘇産のオーガニックハーブウォーターを使用しています。

使ってみた洗い上がりの感想

・ハーブガーデンはしっとりとして艶やか

 

・BOTANIST(ボタニスト)ボタニカルスカルプシャンプーはスカルプタイプだと私には刺激が強すぎるのか頭皮が乾燥しているような感触で髪自体もバリバリになってしまいあいませんでした。

 

ボタニストはスカルプだけではなくスムース・モイストタイプも発売しているのでモイストタイプに変更してみたら髪のゴワゴワ・バリバリ感は落ち着きましたがツヤツヤとはちょっと違うかなと思いました。

あとボタニストはシャンプーとリンスのボトルがほぼ同じなのでしょっちゅう間違えます( ノД`)オシャレだけど紛らわしいですw

ボタニカルシャンプーとは?オーガニック・アミノ酸シャンプーとは違うの?

ハーブガーデン,シャンプー,口コミ

 

2014年ごろから流行しだした「ボタニカル」という言葉。 「Botanical(ボタニカル)」とは「植物」又は「植物から作られた」という意味です。

 

ボタニカルはファッションやインテリア、雑貨、シャンプー、化粧品、飲料までボタニカル〇〇としてネーミングされて販売されています。健康志向や自然派志向に傾いている近年には耳障りのよい言葉のようです。

 

ハーブガーデン,シャンプー,口コミ

 

シャンプーの世界でも例外ではなくアミノ酸シャンプー、オーガニックシャンプーに次いで「ボタニカルシャンプー」というネーミングで販売しているシャンプーも多いです。

ボタニカルシャンプーとアミノ酸シャンプーの違いは?

ハーブガーデン,シャンプー,口コミ

 

ボタニカルシャンプーは植物由来のシャンプーです。アミノ酸シャンプーは洗浄成分にアミノ酸系の成分を使用しているシャンプーです。ですので植物由来の成分配合ならばボタニカルシャンプー兼アミノ酸シャンプーになります。

ボタニカルシャンプーとオーガニックシャンプーとの違いは?

オーガニックシャンプーのオーガニックとは農薬などを使わずに有機栽培で植物を栽培している農法のこと。

 

何となく聞こえはよいですがシャンプーなどの美容化粧品でのオーガニックの場合、農林水産省ではなく厚生労働省が扱っているため有機JASマークなどの明確な基準はとくにありません。

 

基本的には有機栽培で作られた植物由来成分が原料のシャンプーのことを指しています。洗浄成分に低刺激で髪と地肌にに優しいアミノ酸系「ラウロイルメチルアラニンNa」「ココイルグルタミン酸Na」の洗浄成分を使うことが多いので

 

オーガニックシャンプー=アミノ酸シャンプー=ボタニカルシャンプー

 

のシャンプーも最近ではとても多いですね。